カラミざかり3発売開始

カラミざかり3が発売開始されました。

第一部が販売されたのが2018年ということで

もうかれこれ2年続いています。

 

もうエロ要素満載な様相・・・


 

アダルト漫画でこれだけ長編として続く漫画もかなり珍しいかと。

 

2018年当時からずっと読んできた自分がそんなカラミざかりの面白さをお伝えしたいと思います。

 

 

おさらい

そもそも、どんな漫画かご存じでしょうか?

 

カラミざかりはいわゆる「ネトラレ系」に属する漫画です。

 

ねとられ

ネトラレ

寝取られ

 

はい、そうです。

大まかにいうと、

自分の好きな彼女(彼)が、別の人間に寝取られてしまう。

そしてその一連の行為に欲情してしまう。

 

そんな性癖のことをいいます。

 

カラミざかりはこの「ネトラレ」に焦点をあてた作品なんですが

ただ単にネトラレだったからここまで人気になったわけではありません。

 

 

ストーリーの濃さ

カラミざかりは一目見た時から思っていたのですが

キャラクター設定が非常にしっかりしています。

 

各々のキャラクターの背景設定などもしっかり作りこまれており

いわゆる短編で終わるような漫画の構成ではなく

長期に渡って続いていけるような作りこみがされています。

 

最初にも書いた通り、アダルト漫画でここまで作りこむことは結構まれなんじゃないかなと。

 

 

その丁寧に作りこまれた設定、描写から次第にエロ要素が強くなっていき、

最後に山場を迎えます。

 

読者はそんな一連の流れにグッときたのでしょう。

 

 

単行本も出されるほどに人気になったアダルト漫画には

そんな秘密があったのです。

 

 

簡単なあらすじ

舞台はとある高校。

主人公の男子とその友達。(友達は野球部)

 

主人公の彼には気になる女子がいました。

名前は飯田。

 

その彼女とその友達の女子2人と、こっちも男子2人で

ある時放課後遊ぶことに。

 

男子2、女子2という組み合わせもあって、

すこーしずつ不思議な雰囲気に・・・

 

高校生という思春期真っただ中な時期でもあるので

男女共にそういうことには興味深々です。

 

そしてついに・・!!

 

主人公の彼は初恋の相手の飯田に・・・!!

と思っていたらなんと野球部の友達に寝取られてしまい。

 

 

 

 

・・・・

 

 

といった具合です。

 

 

面白いのは寝取られて終わり、ではなく寝取られた後からさらに物語が展開していくんですよね。

これが他のネトラレ系漫画にはない特色です。

 

読みごたえはとにかくあります。

次回以降の記事ではさらにもう少し突っ込んだ内容で記事を書いてみますね。

 

それでにしても、あんな高校生活どうやったらおくれるんでしょう。

うらやましすぎて読んでいて胸が苦しくなりますね。良い意味で。